日立 ダイエー

1983年4月、チーム始動。 しかし1996-1997年シーズンにへ降格(1年でVリーグ復帰)するなど成績低迷に加え、日立製作所本社の経営改革により支援体制にも限界が出たことから、2000-2001年の第7回Vリーグシーズンを最後にチームを廃部することになった。 CR真・花の慶次2 L10-VH(10)• 日本リーグ6連覇、リーグ戦88連勝 は後継のに至る歴史の中で、いまだ破られていない金字塔である。

13
日立 ダイエー

しかし、初レギュラーとなったがスパイク賞とベスト6を獲得する活躍を見せた他、同じく初レギュラーの、も活躍した。 そして3つ目の課題が、例えば大きな商品マスタや画像データなどを卸さまと交換する際に、その形式などを標準化できないことでした」と語るのは、システム推進管理部部長の橘川貴文氏です。

日立 ダイエー

球団スポンサーであるダイエーは試合(中継)前後の・として企業CMを放送していた。 そんな中での休部発表は、チームの勢いに水を差すのではないかという心配をよそに、休部報道後も勝ち星を連ね、最終的に2度目のリーグ優勝を果たす。 Pぱちんこ劇場霊NM7(4)• 【4】パチ P海物語E P大海物語4スペシャル (25)• 全日本実業団6人制優勝大会で優勝し、地域リーグ入り。

日立 ダイエー

優勝 3回(1968-69年、1976年) ひろしまピースカップ• CRぱちんこ仮面ライダーフルスロットルS4(3)• Pコードギアス 反逆のルルーシュbR(3)• CR CYBORG009 L-V(2)• 選手を多数輩出し、1968年でが銀メダル、1976年で金メダルの、、、1984年で銅メダルの、、、、、といった選手がチームに所属していた。 成績 [ ] 主な成績 [ ]• ダイエーとともにその実証プロジェクトに参画した日立は、そこで得られた豊富なノウハウを「REDISuite」に凝縮。 前年と同じ10勝8敗の成績を挙げたが、またしても5位に終わった。

1
日立 ダイエー

当時、サンテレビは資本が強かったためであり、-とにはから当時の主管試合も年20-30試合・の時間に生中継したこともあった。

6
日立 ダイエー

(旧・日立佐和バレーボール部)• 新生オレンジアタッカーズは積極的に広報活動を行い、選手たちもこれに積極的に参加した。 P烈火の炎3 H1AZ4(3)• 選手 [ ] 背番号 名前 年齢 国籍 Position 備考 1 30 レフト 2 28 センター 3 26 レフト 4 28 センター 5 26 セッター 主将 6 25 ライト 7 24 レフト 8 23 レフト 9 23 セッター 10 18 センター 内定選手 11 22 セッター 12 18 センター 内定選手 13 21 センター 14 22 センター 15 21 レフト 16 21 リベロ 17 18 リベロ 内定選手 18 18 レフト 19 18 セッター 内定選手 スタッフ [ ] 役職 名前 国籍 備考 部長 河西晋二郎 監督 コーチ 福田康弘 総務兼広報担当 小山和也 トレーナー 小柳好生 マネージャー 谷村さつき マネージャー 興梠知子 マネージャー 河村妃子 内定 在籍していた主な選手 [ ]• - 日立ベルフィーユにあやかり、名づけられた• P新世紀エヴァンゲリオン シト、新生 決戦W(4)• CR大海物語4 WCB(4)• 最初に自チームの選手をプロ化させようとしたが、親会社の日立はもとより、他のチームからも支持を得られず、チームメイトも生活をしていく以上、プロ化を撤退せざるを得なかった。

7
日立 ダイエー

CRジューシーハニー2 SS(2)• P天昇!姫相撲~大横綱ver~AC-T• 同時にチーム名を「」と変更。

17