次 世界 一 大戦 第

で人数的に不利だったロシアは三国協商を通じて、同盟関係にあるフランスに西部で第二の戦線を開くよう要請した。 オスマン帝国の参戦後、ドイツ軍艦はダーダネルス、ボスポラス海峡を通過して黒海のロシア基地を攻撃した。

3
次 世界 一 大戦 第

マルヌの戦いは、大戦全体の動向を決定するもっとも重要な戦闘であった。 また、パレスチナを国際管理下に置くという内容 バルフォア宣言 1917年、イギリスの外務大臣 バルフォアがユダヤ系財閥のロスチャイルドに送った書簡 イギリスはパレスチナにユダヤ人居住地の建設を認め、ユダヤから戦争資金を調達した エルサレム(嘆きの壁と岩のドーム) イタリア戦線とバルカン戦線 イタリアはの過程でオーストリアと戦っており、両国間には南チロルなどをめぐる領土問題が残っていた。

3
次 世界 一 大戦 第

イタリア国民のパリ講和会議に対する強い不満は、やがてムッソリーニのファシズムの運動にとって絶好の温床を形成することになる。 もう一つの部隊が南西からニヤサ湖()を越え進軍した。 ベルサイユ条約によって、ドイツは領土を縮小され、植民地を失い、巨額の賠償金を支払うことになりました。

14
次 世界 一 大戦 第

上記の数字には ()の被害も含む。

次 世界 一 大戦 第

イギリスも1904年にを、1907年にを締結した。

5
次 世界 一 大戦 第

それに加えてアメリカが仲介する講和へのドイツの拒否と無制限潜水艦作戦の再開。 犠牲者数は1925年にソヴィエト中央統計局によって作成された大戦期における公式資料に基づいており、それによるとロシア人犠牲者数は703万6087人(戦死者62万6440人、戦傷死者1万7174人、行方不明者および捕虜収容者363万8271人、戦傷者275万4202人)とされる。

次 世界 一 大戦 第

進撃中、部隊は頑強な抵抗だけでなく、と有毒物質の井戸に遭遇した。

14
次 世界 一 大戦 第

<> 原爆開発者も同じようなことを言っていた。 4 1,100,000 120,000 347,000 1,567,000 3. かつてこの地方を制圧していたオスマン・トルコ帝国は、瀕死 ひんし の「ヨーロッパの病人」Sick man of Europeとよばれるに至るような衰退ぶりを示していた。 10月6日、元帥率いる ()が始まり、10月14日にはブルガリアがセルビアに宣戦布告した。

12