文例 目標 プラン ケア 短期

安心してベッド上での生活ができ、安全に移乗動作ができるようになる• 痴呆がなければ家族に対して啓蒙を行う。

19
文例 目標 プラン ケア 短期

筋力アップ訓練• 清拭(汚染がひどい時はおしりを洗う)• 食事によって体力をつけることができる• 家族に対する必要な情報提供 糖尿病• 自己導尿の必要物品準備 服薬• 薬を使わずに排便できるようになる• まず、介護サービスを提供する人にとっては、 自分がしていることの 意義や意味を再確認できる点がメリットです。

1
文例 目標 プラン ケア 短期

カラオケに参加する• 第2表には、 サービス内容や利用頻度などの決定に関わる大切な目標設定が記されるからです。 モニタリング (参考例2 「短期目標確認型」) 短期目標が下記の場合 (1)自身で安全に移乗する (2)衣類の着替えを介助なく行う (3)通院し、健康状態を確認する (4)日々の血圧状態を確認する (5)交流の場に休まずに参加する (6)週に2回は入浴する。

19
文例 目標 プラン ケア 短期

汚染した衣類、シーツ、布団の交換• ・クライアントあるいは家族のすくなくとも一方の協力がえられるようにする。 服薬介助の際に日付(朝昼夕)・名前を必ず確認する• トイレでの転倒を予防する• 交流の場でいろいろな人とコミュニケーションが取れるようになる• 病状観察や健康チェックを継続して受けられる• 安全な立ち上がり。 リハビリ体操の参加• 専門医の診療を受け安心して生活する•。

14
文例 目標 プラン ケア 短期

専門医によるアドバイス• 自力で尿器の後始末ができるようになる• 体圧分散を行うことで、褥瘡を完治させる• ・家族とともに在宅で穏やかに過ごせるように関係機関で支援を行っていきます ・病状の異変を早期発見できるよう、各関係機関との連携を密に行っていきます。 浴槽への移乗動作の一部介助• 関節の変形を進行させず、現在の状況を維持継続させる• 安心して自宅内を歩くことができる• ケアプランの長期目標・短期目標とは? ケアプランの第2表には 実現に向けた具体的な目標が挙げられています。 安定した歩き方ができる• 病気の悪化を予防し、一人暮らしの不安を軽減できる• コミュニケーションの促進 制度改正にむけ、ケアフリーが求めること ケアプラン2表 『短期目標』 1. 浮腫が見られる際は、足をあげたり、横になる時間を作る• 柔軟体操に参加• パソコンの使用• 家族の排泄介助の負担を軽減する• 経管栄養管理の処置を受け、安心して生活する• ・見守り ・行動パターンの把握 ・安全な履き物 ・安全な環境づくり ・下肢を使うレクリエーション ・歩行訓練 ・日常生活の中で歩く機会を増やす ・清潔の保持 ・快適な生活を送りたい。

16
文例 目標 プラン ケア 短期

園芸に参加する• 夜間のみポータブルトイレか尿器を使用する。

文例 目標 プラン ケア 短期

麻痺側の上肢を動かすことができる• 介護用品支給により経済的負担が軽減される• 痛みを緩和して、不安のない生活を送る 褥瘡• 今のところ活用における不具合などは聞かれておらず満足されている。 今回ご紹介した文例を活用して、少しでも書類作成の時間短縮にお役立て頂ければ幸いです。 新たに友人ができる• 家事や買い物・散歩が毎日できる 車いす• 生活習慣の見直しや薬物用法により血圧をコントロールして、病気の再発を予防する• 食事の見守り及び介助、• 家族の立位保持介助の負担を軽減する• 適度な運動を行う(心臓に負担がかからない範囲で)• ゆっくりと眠れるようになりたいです。

7