いつ お盆 迎え火

お盆はもともと旧暦の7月に行うものとされていました。 ご先祖様たちが迷わず帰って来られるように、子孫が見守る中あの世へ戻っていけるように、火災に注意しながら迎え火と送り火を行いたいですね。

11
いつ お盆 迎え火

この日をお盆の送り日とも呼びます。 7月も8月も もしくは16日の午前中が伝統的に行われています。 お墓参りは法要後に行うのが一般的です。

いつ お盆 迎え火

この記事では、迎え火や送り火の意味、いつ・何時に行うのか、やり方についてなど、さまざまな情報をご紹介します。

いつ お盆 迎え火

その上に、• 新暦の7月中旬は、日本人の主食である米作りの繁忙期です。 参考: 「送り盆まつり」横手市 長崎の灯籠流しでは、お祭りではなくあくまで、故人とう亡くなった方への追悼の灯籠流しをしていますが、群馬県の横手市ではお祭と称し、屋形船がでて、盆踊りをし、花火まである送り盆のイベントがあります。 これは昼間にお迎えをするなら、目印のための火を焚く必要はない。

いつ お盆 迎え火

ただし、慣習によっては前日の12日に迎え火を行い、翌13日の朝からそのままお盆に入る場合もあります。 お墓では先祖に合掌するのが先です。

18
いつ お盆 迎え火

その後、日本の祖霊信仰と融合し、日本独自のお盆の風習が形成されていったのです。

11