づらい どっち らい し し ず

ずらいはおかしいわけです。 「しずらい」の場合は、「し」+「すらい」という同じサ行の言葉を続けて発音しようとして、「しずらい」という造語が誕生したともされています。

づらい どっち らい し し ず

分からない時は、その言葉を分解してから考えてみてください。

づらい どっち らい し し ず

ただ、類語には注意点もあります。

10
づらい どっち らい し し ず

A ベストアンサー そもそも【十分】と【充分】は別のことばです。 しかし、今は「ちょうふく」でも「じゅうふく」でも構わないことになっています。 音訓表に無いものの代表的なもの よく使われるもの として「全 すべ て」「画 えが く」「〇〇に依 よ れば/拠 よ れば」などが思いつきます。

6
づらい どっち らい し し ず

要約 づらす ずらす、どっちか迷ったら「ず」を選んでください。 現代語の発音では「づ」と「ず」、「ぢ」と「じ」の区別がなくなったため、この使い分けがいいつも問題になります。

14
づらい どっち らい し し ず

中でも4つの仮名の表記「じ」「ぢ」「ず」「づ」については、少々混同しやすいところがあります。

2
づらい どっち らい し し ず

日本語の難しいところです。 「使いづらい」と「使いずらい」、「動かしづらい」と「動かしずらい」などなど・・・ 「づ」と「ず」では声に出して発音を聞いても、同じ音なのでどちらなのかわかりにくく、どちらが正解なのかと迷う事もありました。 ・単純に量的に満たされたならば【十分】。

づらい どっち らい し し ず

「し難い」はやや堅い言い方といえるでしょう。 スティックに関してはほぼ同じです 実際に使用してみると、ボタンの操作感がスイッチとスイッチライトでは異なることがわかりました。 抽象的な事柄に関して「行うのが困難」という意味を表す場合は「~難い」が主に用いられます。

19
づらい どっち らい し し ず

「飛び辛い」「飛びづらい」、意味は「飛び難い」。 間違ってしまうのは、「づ」も「ず」も日本語の発音は同じだからでしょうね。 もっとも最近は、手書きの手紙などでない限り、パソコンやスマホに搭載されている文書作成ソフトで「しずらい」と入力して変換すると、「しづらいの誤り」などと警告が現れるものも多いようです。

13