万歳 こづかい

以下、どういう事か書いていこう。

7
万歳 こづかい

それは「進撃の巨人」でも「鬼滅の刃」でもなく、 「こづかい万歳」(作: 吉本浩二氏)という漫画だ。 定額給付金の回 ステーション・バーを筆頭に、ちょくちょくTwitterをざわつかせるマンガ 『こづかい万歳』。

万歳 こづかい

特に第6話で登場する48歳のバイカーのセリフは、「もう自分たちの収入が増えることはない」ことが完全な前提になっていることを示唆している(図4)。 というか、少なくとも村田の目がとんでもないことになっているのは吉本先生の想像ですよね。

2
万歳 こづかい

単純にライブに5,000円払う価値と余裕があるか考えれば良い。

2
万歳 こづかい

18,000円は安いので買うべき!というように。

3
万歳 こづかい

例えばこんな感じである。 だとするなら、定額制のこづかいも仕方ないのかもしれない。

8
万歳 こづかい

意識の高い学生が、社会人ごっこをいくらやった所で、会社で3ヶ月働いた若手の足元にも及ばない。 なんなら 価格である必要もない。

4
万歳 こづかい

概要 登場人物達のこづかいのやり繰り術を紹介する漫画。 で、ここからは推測なのですが、 「吉本先生はもしかすると取材対象の言葉を本当にそのまま捉えているのでは?」と思えてくるのです。

10
万歳 こづかい

それだとやっぱりモチベーションが上がりませんよね。

9