例文 拝啓

どうぞ良いお年をお迎えくださいませ。 敬具の「敬」はうやまう、「具」には申し上げるという意味があることから、 文章の最後にくる「敬具」の意味は「敬意を込めて申し上げました」となります。 いかがお過ごしですか。

2
例文 拝啓

日頃はお引き立てを賜りまして、まことにありがとうございます。

9
例文 拝啓

「つつしんで申し上げます」という意味があります。

17
例文 拝啓

敬具 3. 「寒冷の候」【12月全般~1月全般】 「寒冷の候」(かんれいのこう)とは「寒く冷たい季節」という意味です。 注意点としてメールやファックスを送る際は、「拝啓」と「敬具」は使用しません。 以上に加えて細かい注意点として、 「送る相手との距離を考える」ことが挙げられます。

6
例文 拝啓

敬具 「拝啓」と「敬具」の基本的な使い方は前述した通りで、「手紙でのみ使用し、メールでは普通は使用しない」「拝啓と敬具はセットで使う」の2点になります。 「拝復」と「拝答」 丁寧に文書を返信する時に用いられるのが「拝復」と「拝答」という言葉です。 「伏して」の同類後に「謹んで」という言葉があるように、「伏してお願い申し上げる」という意味を指すのが「拝啓」です。

15
例文 拝啓

送別会のお礼状 例文 拝啓 初夏の候 貴社の皆さまにおかれましては ますますご清祥のこととお慶び申し上げます さて、先日は私の転勤に際しまして送別会を催して いただきまして、誠にありがとうございました。 また、「拝啓」などの頭語を書く際の書き出しは、1字下げずにそのまま書き始めます。 ビジネスシーンでは、通常は 他部署の上司や取引先の上役などに対して「拝啓」と「敬具」の挨拶を用います。

例文 拝啓

懇親会案内状 例文 懇親会のご案内 拝啓 錦秋の候 みなさまにおかれましては ますますご盛栄のこととお慶び申し上げます。 まずは略儀ながら書中にて御礼申し上げます。

15