アナリティクス 使い方 google

目標設定についてさらに詳しく知りたい方は「 」をチェックしてみてください。

3
アナリティクス 使い方 google

よく使われている比較方法は、時系列、セグメント別の2つです。

17
アナリティクス 使い方 google

どんなユーザーが、どんな経緯で、どんな行動をとって目的を果たすのかを見るのです。 (GDSは先進的すぎるしUIも毎回変わるので分かりにくいと言われることが多い。

アナリティクス 使い方 google

アクセスがまだ少ないうちは、ここの画面だけ見ていても問題ありません。 が含まがれないページのみ出力させる)• 具体例で説明しましょう。

アナリティクス 使い方 google

概要部分では、ページ全体の訪問者数・直帰率・PV数などを確認できるため、現状の全体像を把握することが可能です。

17
アナリティクス 使い方 google

業種 自分のサイトのジャンルに近いものがなければ「その他」でもOK。

アナリティクス 使い方 google

リアルタイムのメニューを解説 リアルタイムのメニューでは、まさに『今』、ホームページやブログが見られているかどうかを 調べる項目である。

10
アナリティクス 使い方 google

たとえば、メルマガを運営している人なら、メルマガに登録されることが目標です。 4,下図のような『メールアドレスの確認』という画面が出てきたら、 登録したメールアドレス宛にGoogleからメールが届いていることを確認する。 【Googleアナリティクス】リアルタイムレポート Googleアナリティクス内のリアルタイムレポートでは、サイトやアプリで発生している様々なユーザーのアクティビティをリアルタイムで確認することができます。