選択肢 エクセル

後々、ブルダウンで表示される選択肢を増やす可能性が 無い 場合の作り方。 「ドロップダウンリストから選択する」にチェックが入っていることを確認したら「OK」をクリックし、プルダウンリストの作成完了です。 表を確認する 以下の図のように商品の売り上げ金額の集計用のシートがあるとします。

選択肢 エクセル

こちらは今回作成するデータの基本図となっていて、都道府県名では「東京都・神奈川県・大阪府」の3つのデータ、市区名では「それぞれの都府県に連動する市区名」を表記することになります。

選択肢 エクセル

ドロップダウンリストが設定されているセル範囲を選択して、[データ]タブにある[データの入力規則]ボタンをクリックします。 例えば「男」「女」と入れたいのであれば「男,女」と言う感じで入れてください。

15
選択肢 エクセル

このように、多くの項目がある場合は、入力規則を設定する際の元の値の入力でミスをしてしまうというケースも多いです。 INDIRECT関数は奥の深い関数なので、また別の機会を設けて詳しく解説します。

7
選択肢 エクセル

このように色分けをすることで、進捗状況などのデータをひと目で把握しやすくなります。

選択肢 エクセル

次のいずれかの操作を行います。 ここでは、データの入力規則機能を使ったプルダウンメニューの作成方法や、基礎~応用までの編集方法をお伝えします。 並び順を変更したい場合は、入力用のシート側で並べ替えればよい。

選択肢 エクセル

[データの入力規則]を確認して対処する ドロップダウンリストを編集するには、まず[ データの入力規則]ダイアログボックスを表示します。 「セルの書式設定」というボックスが開きます。

11
選択肢 エクセル

プルダウンでメニューが表示されますので、この中から「セルの強調表示ルール」をクリックします。

選択肢 エクセル

3ドロップダウンリストを設定できた ドロップダウンリストを作成できました。

9