エリエール 大王 製紙

(平成24年)• 「大王製紙、秋田進出を断念 寺田典城知事に意思告げる/秋田」、2000年11月28日付朝日新聞秋田版朝刊• 「ビックリしています」と、少しだけホッとした表情。 (平成18年)12月 - 現 との技術提携契約を締結。 最終日は運が良かった。

6
エリエール 大王 製紙

私たちの工場は、富士のふもとに広がる富士・富士宮地区にあり、 この一帯は富士山の雪解け水が一年中豊富に湧き出し、紙作りに欠かせない水の環境に恵まれています。 段ボール・紙器• 、大王製紙2012年1月27日付ニュースリリース(2015年8月23日閲覧)• 7月1日 - 子会社のエリエールペーパーを吸収合併。

7
エリエール 大王 製紙

大王製紙グループ「経営理念」「行動規範」を改定。 - 同社主催の女子トーナメント。 、大王製紙2012年8月15日付ニュースリリース• 上の本店は四国本社となっている。

20
エリエール 大王 製紙

4月1日 - 子会社のを吸収合併し、大王製紙可児工場とする。 前会長のが子会社の支配を背景としていたことから、大王製紙が直接の子会社とする方向で、創業家と株式買い取りの交渉が行われた。 (平成27年)• 四国本社: 三島紙屋町2番60号• 会長退任後も、大王製紙として経営に影響を与える存在であったが、(平成23年)付で解嘱。

エリエール 大王 製紙

先代・井川伊勢吉の長男。 運営会社はエリエールリゾーツゴルフクラブを存続会社としてエリエール商工を吸収合併。 ダイオーミルサポート株式会社(紙・板紙製品及び包装資材の製造・加工並びに販売等)• 2013年4月1日に、連結子会社17社・非連結子会社10社を合併し、連結子会社7社・非連結子会社1社とする再編を実施。

20
エリエール 大王 製紙

21 3度目の正直とは、よくいったもの。

15
エリエール 大王 製紙

ダイオーペーパープロダクツ株式会社(旧・日清紡ペーパープロダクツ株式会社:家庭紙、洋紙、紙加工製品等の製造および販売) エンジニアリング• ( 2012年3月21日)• 株式会社(環境関連設備 ・利用、大気浄化、水質浄化、省エネルギー の事業、電子機器 電子制御機器、電子機器 の製造並びに販売) 運輸• また最大の消費地である東京にも近い、埼玉県行田市に行田事業所を稼働させ、 静岡県・埼玉県、両面から物流でも好立地にあるため、 エリエールペーパーは首都圏を中心としたエリアをカバーする 大王製紙グループ企業の中でも主要な生産拠点となっています。 可児工場: 土田500• 続いての製紙会社に資本参加し、東南アジアへの販売増を図っている。 株式会社(・段ボール原紙の製造)• PDF プレスリリース , 鬼怒川ゴム工業株式会社, 2020年5月27日 , 2020年5月28日閲覧。

14
エリエール 大王 製紙

自然環境に配慮した生産システムを構築し、地元採用・地元企業との提携にも積極的に取り組むなど、 地域社会との共生や発展に力を入れています。 (平成元年)、東の拠点として(飯島地区)への進出を発表した。 (平成13年)4月1日 - PPS としてのを開始。

18