菜の花 与謝 や 蕪村

ちょっと言い方をかえれば、この十七文字の言葉を使わなければ、この句の意味、世界は成り立たないってことです。 〔季語〕春雨 春の夕 (ゆふべ)絶えなむとする香 (かう)をつぐ 夕闇が迫ってきた。 〔季語〕寒さ 斧 (おの)入れて香 (か)におどろくや冬木立 冬木立の中にやって来て、枯木と思って斧を打ち込んだ。

10
菜の花 与謝 や 蕪村

冗談ではない、ここは雪国の信濃だ。 一人歩いていくと、ふと貴族の子息に出会った。 その草履を沈めるかのようにみぞれは降るのです。

14
菜の花 与謝 や 蕪村

それが、「菜の花や月は東に日は西に」という世界です。 若いときには膝頭(ひざがしら)で薪(まき)を折っていたものだが、もうできない。 五七五という定型俳句と散文では、語の置き方、書き方が違いますから、ミクロ的世界を入れ替えたほうが、むしろ自然な散文の形、書き方になるともいえます。

8
菜の花 与謝 や 蕪村

摩耶山とは、現在の 神戸市灘区にある山で、山頂には忉利天上寺(とうりてんじょうじ)、通称天上寺という真言宗の古刹があります。

12
菜の花 与謝 や 蕪村

たくさんの花が朝にひらき、昼にはしぼんでしまいます。 --------------------------------------------------------------------------------------- 大和路の宮もわら屋もつばめかな (やまとじの みやもわらやも つばめかな) yamatoji no miyamo waraya mo tsubame kana 季語:燕ー春 出典:蕪村句集 年代:無記載 春の大和路は大変長閑である。

菜の花 与謝 や 蕪村

〔季語〕更衣 山蟻 (やまあり)のあからさまなり白牡丹 (はくぼたん) 大きく真っ白な白牡丹の花びらに、山蟻が這っていく。

3