アローン レフト

56,626件のビュー• 何よりもマル・ウォルドロン(ピアノ)が主役の4曲に対して、表題曲ではジャッキー・マクリーン(アルトサックス)がゲスト参加していて、泣きのメロディを歌い上げている。 その頃、日本中に数多くのジャズ喫茶がありました。

19
アローン レフト

他の有名曲とどこが違うのだろう? と考えてみると、この3曲は どこか 情念に直接訴えてくるような曲だったと思うのですが・・・ Contents• しかし不思議なもので、人気というものは別物であり、このAmazing Bud Powell Vol. 23,473件のビュー• 逆にそうした感情抜きに冷静に聴けば聴くほどアルバム全体が名盤という印象に近づいていくのだと思う。

3
アローン レフト

ビリー・ホリデイの作詞、マル・ウォルドロンの作曲によるこの曲は、ビリー・ホリデイが歌ったヴァージョンが録音されることなく、彼女の死という事態を迎えた。 今回のアルバムはあえてビリー・ホリデイが取り上げなかった楽曲を中心に構成されている(唯一の例外はオマージュとして収録されたボーナス・トラック『奇妙な果実』のみ)。

3
アローン レフト

昔、ビリー・ホリデイという歌手がいたの、 彼女のバックでピアノを弾いていた、マル・ウォルドロンが作った曲よ」 マル・ウォルドロンが日本びいきだからか、日本人が好むからかは、どちらがどうでも良いことですが奥さんが日本人だから、マル・ウォルドロンの音楽には日本人が気持ちを動かされるのもなにか縁が有るのだろう。

アローン レフト

1:30〜を計画(3月12日午後6時判断)していましたが、新型コロナウイルス感染拡大防止の為施設使用ができませんでした。

9
アローン レフト

ビリーが作詞したもののレコーディングを残せなかったタイトル曲『レフト・アローン』は必聴! 1曲目の「レフト・アローン」は間違いなく超名曲である。 22,143件のビュー• バッド・パウエルの本当に素晴らしい演奏が聴けるのは50年代初めまでであって、このBLUENOTE のAmazing Bud Powellシリーズで言えばVol. ロケーション 隠れ家レストラン ホームページ オープン日 1992年 初投稿者 最近の編集者• その証拠にアメリカ人のジャズが好きな人に尋ねても、この3曲は出てこないと思われます。