性転換 艦これ ss

ニッチな(おそらく)エロティックなファンタジーが始まろうとしています。 色は変わりましたが、ぶっちゃけそれだけです。

性転換 艦これ ss

南花上野そらだったカラナ」を再分類 提督「なるほど……多聞丸のことを考えていたと思います」 提督「じゃあ明石、よろしいですか?」 明石「はい、ちょっとお待ちください。

性転換 艦これ ss

そうアルベドは自身を納得させる。

18
性転換 艦これ ss

あと、これだけは伝えておきます。

性転換 艦これ ss

やっぱ他のレビューチームより安心感があるよ」 「ですねー。 -某 執務室- 「・・」カリカリカリカリ(中) コンコン(ドアノック) 「ん? どうぞ」 ガチャ 電「失礼す。 「……シャルティア……よね?」 そうぽつりと呟くアルベドの瞳には異様なほどの硬質な輝きがあった。

性転換 艦これ ss

」 168「しかし、司令官、私は降伏しません!」 提督「なに?」 168「あなたが何をするにせよ、指揮官を私に向ける準備をしてください。 」 春雨「そうだね……うーん!」 提督(この子は大丈夫です. 「う、ん?」 枕に顔を埋めていたアルベドは唐突に顔を上げる、 「……この匂いは……?」 ベッドから香るのは、アルベドのみが嗅ぎ分けられるモモンガの微かな匂い、そしてアルベド自身の香り、アルベドが使用する香水の香りだ。 もっと働いて、はやくモモンガ様と一つになりたいー」 アルベドはモモンガの枕に顔を埋めつつ、足と羽をバタつかせる。

性転換 艦これ ss

モモンガもその傾きかけた日に視線をやってから頷く。 だがしかし、シャルティアがこの香りの香水を付けていた記憶はアルベドには無いし、この香りは彼女の趣味からも外れている気がする。

20